2005年07月07日

次回は口出ししません。

火曜日、4年生の発表会がありました。

お題はServlet、JSP、RDBを用いたWebアプリケーション開発。
1チーム2〜3人で、開発期間は1ヶ月強。

僕の総評としては「すばらしかった」。

各チーム本当にがんばりました。
3年生の間Wikiなぞやらされて、Servletの基礎もわからない状態だったのに、よくあそこまで作りこめたと思う。
素直に褒めてあげたい。

折角なので、ここで紹介と感想を述べさせてもらいます。

A班「お茶の評価サイト」
概要:
DBに登録された各社のお茶を検索・評価するというもの。
感想:
いい出来だった。今回一番完成度が高い。
コンセプトにはやや疑問が残るが、複数の検索ワードにも対応しており、機能面は充実している。
要件定義をしっかりやれば、もっといいものができると思う。

B班「ゼミの出席時間管理システム」
概要:
ゼミ室の出席状況を紙ではなく、システムにするというコンセプト。
研究の進捗管理もできる。
感想:
半ば強制されたテーマだったにもかかわらず、よく作ってくれたと思う。
期待した通りの出来だった。
ただ、若干班員の足並みが揃っていなかった節もある。
次回はきっちりタスクを分けて、みんなで作りましょう。

C班「ゼミの本貸し出しシステム」
概要:
ゼミ室にある本の貸し出しを管理するのが目的。
本の検索・貸出・返却ができる。
感想:
基本設計がよくできており、ユーザに使いやすいシステムになっていたと思う。
機能も網羅的で、よくできている。
ただ、僕が一番介入する機会が多かったのも事実。
僕も口を出しすぎたと反省している。
十分に力はついたと思うので、次からはなるべく独力でがんばってほしい。

D班「CDの管理システム」
概要:
一般の音楽CDをDBで管理し、販売と在庫管理を行うというもの。
感想:
2人だけの班であったが、規模的にも他班と遜色がない。
機能も一通り備え、半角・全角のキーワード検索にも対応していた。
ただ、やはりシステムの目的がよくわからない。
要件定義をしっかりすれば、本当に使えるシステムになると思う。


一番評価したいのは、皆がしっかり教えあっていたこと。
就活で出遅れた人も、ちゃんと開発に参加できていたことは素晴らしいと思います。

皆、それなりに力と自信がついたはず。
この経験を次の開発に生かしてください。

長々と偉そうにしゃべってごめんなさい。
以上、本当にお疲れ様でした。
posted by delico at 01:06| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご講評もといご高評いただきありがとうございます。
そしてあの状況下、最後まで見放さずに助けていただき本当に助かりました。

次回は、自分達の力だけでと言いたいところですが、某院生さんが寂しがらない程度(?)に頼りながらがんばっていきたい所存であります。
Posted by sola at 2005年07月07日 01:27
>>sola
へんっ、寂しくなんかないやい。
Posted by もとぅー at 2005年07月07日 01:53
ちゃんと研究やってるんやねぇ…

ってあれ? 卒研は?
Posted by ひろり at 2005年07月07日 08:59
おだててその気にさせて、質問に来させないようにする算段。
Posted by でゅえ at 2005年07月07日 11:14
>>ひろり
うちの卒研はシステムの連携方法やテスト方法を検証する類が多いので、まず開発の練習からやります。
大体小さいチームで一つ、その後全員で一つのシステムを作ってから、そのシステムに上乗せか別システムとの連携を研究する。
ただし、はずれると作りかけの仕様の研究。

>>でゅえ
褒められて伸びるこ達だと信じたい。
Posted by もとぅー at 2005年07月07日 12:13
> 大体小さいチームで一つ、その後全員で一つのシステムを作ってから、そのシステムに上乗せか別システムとの連携を研究する。

ほっほーぅ、じゃあ、次は大きい奴に挑戦ってわけやね。それがひと段落して、検討を始めたくらいに学祭がくるんかぁ…
順調に行けば、学祭に立派な発表があると期待できるわけやね。こいつは楽しみだ。(・ー・)

次のテーマは前から言っていたあれですか?

「日本海溝とアタカマ海溝の堆積層を構成する素子の検査と違いの検証システム」ですか?
Posted by ひろり at 2005年07月07日 18:21
独力…それはまだ難しいかな…。
本当にいろいろ教えていただきありがとうございました!!
大変勉強になりました。今後もよろしくお願いします。
Posted by オードリー at 2005年07月08日 00:22
院生がこき使う本来の姿を目指すのもありかもね。ありかもね。ないかもしれない。
Posted by でゅえ at 2005年07月08日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4888254

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。