2005年12月09日

きっと座長しか質問してくれません。

情報処理学会からメールが来ました。
講演日時やセッション名のお知らせでした。


一口に情報処理学会と言っても、当然研究には色々な分野があります。
それらが同じ時間、同じ会場で一気に講演されるのは無理な話なので、カテゴリごとに分かれて行われます。

さらにカテゴリの中で細分化され、セッションという単位で人が集まって講演が行われるわけです。
このセッションが非常に重要で、ちょっとでも分野がそれると、一気にわけが分からなくなります。

しかしながら必ずしも希望通りのセッションに入れるわけではないのです。
人数調整の関係もありますから、一応希望は出しますが、決定は委員会が行います。


で、昨年発表した時の一番の問題点は、ここでワケワンナイセッションに入れられたこと。
「その他」みたいなセッションに入れられてしまったために、お互いの講演内容がチンプンカンプンでした。
なんか気象予報士さんとか混ざってたし。


今回は二の舞になるわけには行かない。
故に申し込み時の分野選択には気を使いました。

慎重に吟味した結果、「データベースとメディア」の「メディアと情報開発・共有・流通」の「文書記述(XML,HTML…)」および「応用技術(セマンティックWeb,Webサービス,電子商取引…)」を選択しました。


で、今日来たメール。


講演分野:データベースとメディア
セッション名:知財・コンテンツ管理


ワケワカンナイ。
posted by delico at 07:23| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わけわかんないね…。
Posted by オードリー at 2005年12月09日 12:17
もう情報処理学会に直訴しかないですよ(笑)
Posted by HIBIKI at 2005年12月09日 12:43
サイコロで決めてるらしいからね
Posted by でゅえ at 2005年12月09日 13:33
>>オードリー
>>響
>>でゅえ
正直やる気失せました。
Posted by もとぅー at 2005年12月14日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。